ソーシャル・イノベーションの旅

CSネットは日中双方で、ソーシャル・イノベーションを学ぶツアー(短期)やインターンシップ(長期)を主催しています。

今までは主に北京富平学校と山水自然保護センターの依頼を受けて、中国の持続可能な社会のリーダー研修プロジェクト、LEADプロジェクトメンバーの来日研修を実施してきました。「日本の社会的企業最前線」というテーマで、環境分野、障がい者雇用分野、高齢者分野、有機農業、循環型産業づくりなど、日本を代表する社会的企業と社会企業家を訪ね、体験すると同時に交流を深め、討論する5日間の研修プログラムです。参加者は、日本のソーシャル・イノベーションの特徴と力の源を理解する糸口に出会えるだけではなく、生の日本社会に直接接することによって、ステレオタイプの日本理解からの卒業も期待できます。2010年から始まっているこの訪日研修は、毎年大変好評を博しています。

また、国際交流基金の助成を得て、2-3カ月の長期インターンシップのプロデュースも行ってきました。それぞれ自然学校、そして高齢者施設でのインターンシップを実施しております。今後は中国から日本への研修だけではなく、中国の草の根NGOでの研修の機会を、日本の希望者に対して実施していきたいと考えています。

20120702-102011.08-09 4332010.4-7 076

 

 

 

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY