2012/06/01 by Fancy

6/24~7/1自然共生型社会をめざす-雲南白馬雪山スタディツア2012

主催:日中市民社会ネットワーク(CSネット)
協賛:(社)アクトビヨンドトラスト;Winrock国際農業開発センター

 
白馬雪山国家自然保護区

CSネットは、2011年4月から、自然共生型地域社会づくりをめぐって、世界自然遺産登録地である屋久島と雲南省三江併流地域の交流活動に取り組んできました。今年度は、去年の交流成果に基づいて、輪をさらに広げていき、日本と中国の市民団体に、世界自然遺産登録地が共通して抱える課題について互いに経験と知恵、ノウハウを共有し、議論し合う場を設けたいと思います。

以上の目標を目指し、6月24日~7月1日、7泊8日の「自然共生型社会をめざす~雲南白馬雪山スタディツアー」を実施します。訪問は、雲南省昆明を起点にして、シャングリラ古城、白馬雪山国家自然保護区、最後は、観光化によっていろんな問題を抱えている梅里雪山(日中合同登山隊の遭難事故で日本でもよく知られている聖なる山)の麓にある明永村を訪れます。

中国西南地域の広大なかつ素晴らしい自然風景とともに、チベット族の生活を体験し、彼らの自然観に触れることができます。また、何より、日中両国からの、自然保護と地域発展を両立させるために努力している方たちによる真摯な交流にご参加いただきたいと思います。

白馬雪山国家自然保護区は、今まで、保護を中心に活動してきたが、これからは地域の発展と自然保護を両立させるために、エコツアーや自然学校の取り組みをはじめようとしています。日本からの専門家は保護区の職員と地域住民を対象に、研修ワークショップを行い、視察で把握した地域の資源やニーズ、問題点に基づいて提案し、自然共生型地域を目指すモデルをともに作っていきます。昆明で行う交流会には、中国の環境NGOや地域づくりの関係者も多数参加される予定で、熱い議論を期待したいと思います。


梅里雪山主峰カワカブ(写真:北京旅遊網)

プログラム(案)

日付

内容

宿泊

標高

6月24日(日) 現地集合1:上海、その後上海→昆明
現地集合2:昆明
昆明 1800m
6月25日(月) 午後:昆明交流会
夜:昆明→シャングリラ(東方航空)
シャングリラ 3200m
6月26日(火) シャングリラ→白馬雪山国家自然保護区(車→徒歩):高山植物園、松竹林寺などを訪問
夜:歓迎会
白馬キャンプ 3500m
6月27日(水) 白馬雪山カール地形体験ツアー
研修I
白馬キャンプ 3500~4300m
6月28日(木) 研修II
食事
白馬雪山→梅里雪山明永氷河(徒歩-車)
夜:明永村村長と会談
明永村 2500m
6月29日(金) 梅里雪山明永氷河ツアー 徳欽県飛来寺 3200m
6月30日(土) 朝:飛来寺から梅里雪山を眺望(晴れる日、朝日が照らすカワカブは絶景)
徳欽(車)→シャングリラ→昆明→上海
上海
7月1日(日) 上海→東京/その他

研修講師:広瀬敏通(日本エコツーリズムセンター代表理事)
小原比呂志(屋久島野外活動総合センターガイド・営業部長)
現地ガイド:肖林(白馬雪山自然保護区徳欽分局局長)、李静若(Winrock環境部門)コーディネート・通訳:朱惠雯(本事業担当者・CSネット事務局長)

参加者募集:

定員:5名(内2名は確定。定員以上の応募がある場合、主催側の判断で選定させていただきます)
選定基準:環境、自然体験活動、地域活性化などの分野で活動されている方、かつ本事業の理念に賛同し、今後も継続的にかかわっていただける方
参加費:90,000円
内訳:宿泊費(7泊)、食費、交通費(航空運賃を除く)、入場券、通訳・ガイドを含む

国際航空運賃(ご参考まで):
例1:東京から 約11万円~
東京<>昆明(乗り継ぎ)8万以上;昆明<>シャングリラ3万円
例2:大阪から 約9万円~
大阪<>昆明(直行便、途中寄航あり)6万以上;昆明<>シャングリラ3万円
集合:上海または雲南省昆明市

お問い合わせ:

日中市民社会ネットワーク(CSネット)
朱惠雯(しゅ けいぶん)zfancy@csnet.asia
Tel/Fax: 0422-5776-82、携帯:08065098993

注:梅里雪山について、小林尚礼さんのホームページをご参考ください:http://www.k2.dion.ne.jp/~bako/introduction.html

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY