2012/01/12 by jixin

国際森林年「日中林業協力セミナー」を開催 ~政府、企業、NGOの連携にむけて~

「このセミナーを通じて林業に関心を持つ皆様の相互理解が進み、中国の林業分野の発展と環境保全のために、連携が促進されることを希望します」。セミナーの冒頭、JICA中国事務所の中川所長はこう挨拶し、政府、企業、NGOなど多様なアクターの連携に熱い期待を示しました。

 

 

 

 

 

今年は国連が定めた国際森林年。世界各国で森林保全に関するイベントが開催されています。12月8日にJICAと中国国家林業局の共催により北京で開催した「日中林業協力セミナー」もその1つ。日中の政府、民間が連携して中国林業分野の協力を進めていこうと呼びかけた今回のセミナーには、日本の林野庁、日本大使館、中国国家林業局、24省・自治区・市の林業庁、NGO33団体、日系企業14社、大学6校、JICA関係者など、総勢250名を超える人々が参加し、活発な意見交換と交流を行いました。

中国政府は第12次5カ年計画(2011~2015年)においても林業分野を気候変動対策や生態系保全など多様な観点から重視するとしています。このような考え方は日本政府の中国林業分野への支援方針とも合致しており、これまでJICAは中国の森林保全に対して多くの協力を行ってきました。例えば、JICAの円借款による植林事業は13省・自治区で実施され、植林面積は180万ha以上、3,000万人以上の農民が事業の効果を享受しています。また、JICAは1984年から継続的に技術協力を実施しており、林業技術の開発・普及や人材育成などに貢献してきました。

一方、中国では、政府部門のみならずNGOも中国各地で植林活動を活発に展開しており、また中国に進出している日系企業からは、NGOや地方林業局と連携したCSR活動を実施したいとの相談が、たびたびJICAへ寄せられてきました。

広大な中国の自然環境をより改善していくためには、政府、企業、NGOが互いの活動に対する理解を深め、相互補完、相乗効果を狙って連携していくことが求められています。こうした状況を受け、JICAは日中の官民の関係者を一堂に集め、本セミナーを開催しました。

セミナーでは、中国国家林業局から十二次五か年計画を踏まえた今後の林業の方向性について説明があり、続いて日本の林野庁から日中林業協力の実績と今後の協力方針について発表しました。JICAからは全世界における林業協力のトレンドや民間連携の優良事例を紹介するととともに、現在中国で実施中の林業協力について専門家から報告を行いました。

企業からは本田技研工業社、NEC社、王子製紙社が、社会・環境改善に貢献するCSR活動としての植林活動や、商業植林における環境保全や経済発展への配慮について発表を行いました。

NGOは、中国各地で地域の人々とともに植林や湿地保全、砂漠化防止などの環境保全活動、環境教育、有機農業による住民の生計向上支援など多様な取り組みを行っています。セミナーでは、世界の砂漠を緑で包む会、中国国際民間組織合作促進会(CANGO)、北京市山水自然保護センターの3団体が活動紹介を行ったほか、会場内にNGO27団体がパネルを出展し、それぞれの活動概要を配布するなどして、企業や政府関係者と直接交流を行いました。

またセミナーでは、企業・NGO・地方政府の林業分野の取組み状況をまとめたデータ集が配布されました。日系企業25社、NGO45団体などの林業分野の活動状況、今後の計画、担当者連絡先が記載されており、セミナー後の継続的な連携に活用されることが期待されます。

セミナー翌日の9日にはNGO分科会、円借款植林分科会をそれぞれ開催しました。NGO分科会では、JICAから、NGOの参画が期待されるJICA草の根事業や青年海外協力隊事業を紹介し、また地方政府の林業担当者も参加した意見交換を通じて、NGO間の交流と連携の相談がなされました。円借款植林分科会では、円借款プロジェクトを適切に管理し、効果を更に高めていくためのノウハウが共有されました。

今回のセミナーを通じ、同じ中国で緑化活動を実施していても、今まで知り合う機会がなかった人たちが出会い、互いの活動を紹介しあい、今後の連携について話し合うことができました。「日本の林業協力の方向性がよくわかった」「紹介された優良事例を参考に私たちも植林活動を行っていきたい」「連携を進めるためにもっと交流したい」といった積極的な声がたくさんの参加者から聞かれました。

政府・NGO・企業と立場は違っても、地域の環境保全やそこに住む人々の生活をよくしたい、地球環境を守りたい、という強い思いは共通であり、生物の生存基盤である自然環境を守るという人類共通の課題に官民が手を取り合って協力していくことの意義が改めて確認されました。

(所員 足立佳菜子、張陽)

JICA中国事務所ニュース(2011年12月号)より転載

http://www.jica.go.jp/china/office/others/newsletter/201112/01.html

 

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY