2011/09/19 by Matsue

北京富平LEAD and Beyond 来日研修を実施

3月11日に東日本で発生した大地震を受けて延期していたLEAD and Beyond来日研修を実施致しました。

 中国の著名な貧困扶助団体である北京富平学校は、LEAD(Leadership for Environment and Development)というリーダー育成プロジェクトを実施してきた。LEADプロジェクトは1992年の地球サミットにおける合意を踏まえて7つの発展途上国で展開されてきたが、LEAD中国事務局として富平学校は毎年、各領域で厳選された次世代を担うリーダーに対して、半年以上の国内研修を実施した上で、海外研修も続けてきた。

昨年7月、日中市民社会ネットワークは富平学校の依頼を受けて、初めてLEADメンバーの来日研修をコーディネートした。メンバーからたいへん好評をいただいたため、今年の海外研修も数多くの研修先の中から、日本が選ばれた。震災による延期を乗り越え、9月4日から6泊7日の日程で、日本で二回目となるLEAD実地研修を行った。

今回の人選は、若手で英語もできる、高学歴で社会的意欲の高い団体職員、会社員、NGO職員、教員だけではなく、地方ですでにある程度社会的起業を行っている実践者も含まれている。ともすれば、エリートによる机上の空論となりがちなLEADプログラムの、これまでの弱点を越えるという意味をこめて、プロジェクト名もLEAD and Beyondと改めた。主催者も富平学校だけではなく、山水生態パートナー自然保護センター、NPI、北京大学自然保護と社会発展研究センターも加わった。

中国各地から選抜されたメンバー12名が、日本を代表する以下の社会的企業を訪問した。

1.(株)大地を守る会 (有機農産物宅配)
2.ホールアース自然学校 (環境教育)
3.スワンベーカリー (障がい者就労)
4.(株)サンフォーレ (高齢者介護)
5.(株)ユーミーケア (高齢者介護)
6.(株)アミタ持続可能経済研究所(持続可能な発展)

12名のメンバーは以下のとおり:

胡昕 (Hu Xin)(北京富平学校 プロジェクトマネージャー 34歳)
陳臨陽(Chen Linyang)(山水生態パートナー自然保護センター アドバイザー 60歳)
何欣 (He Xin)(山水生態パートナー自然保護センター プロジェクトマネージャー 31歳)
張慧祥(Zhang HuiXiang)(Brandnu山水生態パートナー自然保護センター アドバイザー 39歳)
蒲智勇 (Pu Zhiyong)(四川大邑兎王貧困救助研究センター プロジェクトマネージャー 29歳)
馮潔(Feng Jie)(ジャーナリスト 『南方周末』報道記者 30歳)
孫姍 (Sun Shan)(山水生態パートナー自然保護センター 事務局長 37歳)
李琪 (Li Qi)(北京松際情報技術有限公司 スタッフ 37歳)
于璐 (Yu Lu)(山水生態パートナー自然保護センター プロジェクトコーディネーター 27歳)
楊出雲(Yang Chuyun)(青海省果洛州雪域ジュエリー有限责任公司マーケティング責任者 33歳)
王燕 (Wang Yan)(城世化(中国)コンサルティング公司 共同管理者 39歳)
喬益潔(Qiao Yijie)(青海師範大学 教授 48歳)

また、訪問日程を終えた9月9日午後には、東京市民活動・ボランティア活動センターにて公開交流会を実施し、以下の中国の事例について報告した。
1.中国市民社会・NGOの概況
2.事例1-北京富平学校
3.事例2-山水自然保护中心
4.事例3-四川大邑兔王扶贫研究中心
5.事例4-Brandnu慈善公益商店
6.事例5-甘粛省 NORLHA

10数名の交流会参加者からは、「中国の社会起業家の話を直接聞ける貴重な機会であり、どの事例も興味深い」という声が多く寄せられた。また、日中市民社会間の幅広い交流が今後も必要であると言う点は、参加者全員が必要性を認めていた。メンバーの感想や、交流会の様子は、今後CSネットウェブサイトに掲載していく。

参考:活動のしおり(中国語)
http://csnet.asia/wp-content/uploads/58bd697a85df013d8cbbf71edf691e4e1.pdf

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY