2006/10/25 by GLI Japan

アジアの社会的企業事情  ②シンガポール編

2006年9月23日~27日の期間に、香港のNPOによる台湾の「社会企業」訪問が行われました。GLIネットワーカーでもある伊藤健さんがその視察に参加し、見聞きしてきたアジアの社会的企業・社会起業家を取り巻く環境に関する情報を提供してくれました。

①はじめに&香港編、②シンガポール編、③台湾編No.1:大学&政府機関、④台湾編No.2:台中の社会企業&協同組合組織訪問、⑤まとめ:アジアの社会企業、の五編に分けて掲載致します。

②シンガポール編【目次】
<シンガポール>
●シンガポールの国情と社会企業
●ソーシャル・イノベーション・パーク
●O School -HiphopでYouth-At-Riskにリーチ!

<シンガポール>

前回のマニラのCAFO Conferenceには、シンガポール国立大学(Natinal University of Singapore, NUS)のビジネス・スクールの助教授が参加していたが、今回の台湾の考察団には上記のNUS助教授の他に、シンガポールの低学力の学生を対象にしたパ フォーマンス・スクール「O School」の理事が参加しており、シンガポールにおける社会企業の試みについて聞くことができた。

●シンガポールの国情と社会企業

これまでの会議で、シンガポールからの参加者が口を揃えて言うのは、「シンガポールという場所では、社会企業が成り立つのが難しい」、ということ だ。上記のNUSの助教授も、アカデミズムで社会起業に興味を持っている人は自分の他に知らない、という。2006年の5月に、NUSで社会起業について のシンポジウムが開かれたと聞いたが、とたずねると、「それは、実は学生主導の集まりで、教授はあまり参与してないんだよね」とのこと。

政府による社会統制の行き届いたシンガポールでは、NPOというものがそもそも力を持っていない。全ての社会福祉は政府によって担われ、政府が「こ の分野は市場に任せたほうが効率が良い」と認めたところには(政府の指導のもとに)積極的に民間部門を参入させる。そもそも政府でも市場でもない「第三部 門」(The Thrid Sector)という考え方が薄い。

一つの顕著な例としては、シンガポール最大のスーパーマーケット・チェーンはNTUCという政府主導で経営される協同組合組織だということ。台中にある生活協同組合の理事との間で話に上がった。
http://www.ntuc.org.sg/

たった420万人口のシンガポールで、40万人の組合員が加盟しており、食料品小売業では全国の半分以上のシェアを占めると言われている。本来は政 府と市場の間に立つべき協同組合が、政府主導で、あるいは政府の一部門かのように運営されているとも言える。確かに、シンガポールの社会的背景として、そ もそも「政府」か「市場」か、という2択しかないところに、NPOがその存立基盤を見つける事は容易ではないかもしれない。

●ソーシャル・イノベーション・パーク(Social Innovation Park)

そんな社会状況ではあるが、特に社会起業に注目し、社会起業家のインキュベーターになろう、というNPOが立ち上がっている。ソーシャル・イノベー ション・パーク(Social Innovation Park, SIP)と呼ばれる任意団体で、シンガポールの国会議員ペニー・ロウ(Miss Penny Low)の発起で2006年2月に設立された。

SIPは「ソーシャル・エンタープライズ・インキュベーター」を名乗っており、2006年2月には、「ソーシャル・イノベーター・フォーラム (Social Innovator Forum)」をシンガポールマネジメント大学(Singapore Management University, SMU)との共催で開催している。

Singapore Management University Press Release
A launch to empower new ideas – Social Innovation Park
http://www.smu.edu.sg/news_room/press_releases/2006/20060216b.asp

2006年度のイノベーター・フォーラムでは社会企業アワードのファイナリストによるプレゼンの後、アワードの授与が行われ、2006年度は World Toilet Organization(略称WTO)が受賞した。WTOは世界のトイレ環境の改善を通じて、公衆衛生問題の解決に取り組むNPOだ。略称はもちろん、 World TradeOrganizationをもじってある。
http://www.worldtoilet.org/abtus/abtus.htm

SIPはまだ専従職員のいない任意団体だが、今後は社会企業のインキュベーターとして活動できるように、社会起業の中間支援団体として、資金調達や キャパシティ・ビルディングができる体制を作っていくとのこと。また、来年のイノベーター・フォーラムの受賞者には、欧米の社会企業や、Ashokaなど の団体訪問を特典として与えることを計画しているという。なんだか日本のETICのStyleと同じ事を考えているような。

また、SMUには、下のようなセンターがあり、社会企業も対象に含めた、NPOのマネジメント研究を行っていく計画とのこと。
Lian Foundation Centre for Social Innovation
http://www.smu.edu.sg/centres/lien/index.asp

●O School -HiphopでYouth-At-Riskにリーチ!

今回の参加者の一人、ダンス・パフォーマンス・スクール「O School」の理事に、話を聞いた。
http://www.oschool.com.sg/home.php

O Schoolは自ら社会企業を自称している。学校の目的は以下の3つ。

1) To generate funds to be channeled to CHEC Ltd as bursaries for students from lower-income families

2) To use dance as an outreach tool for youth-at-risks

3) To provide training and employment for youths with artistic talents

つまり、ダンス・スクールをチャンネルとしてYouth-At-Risk にリーチ、かつ自立的な経営を行い、若者の芸術教育も行うという、ダブルボトムラインを追求しているのだ。

ウェブサイトを見てもらえばわかるが、非常によくできていて、これならサイトを見た人は、ちょっと学校を覗いてみたくなるだろう。講師の写真やプロ フィールも載っているが、みんな講師というより、現役のヒップホップ・ダンサー。誕生日:×月×日、好きな食べ物:XXX・・・などと、いい意味でどうみ ても学校の先生の紹介ではない。

情報提供者:伊藤健

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY