2008/02/28 by GLI Japan

欣耕工房  朱柄肇

この物語は、一つのささやかな願いから始まった — 中国貧困農村の人々が楽しく仕事ができるように、また彼らの子供達が楽しく学び生活できるように…「欣耕」の始まり

「欣耕」の創設は、ある一人の個人的体験から始まった。欣耕の創始者である朱柄肇氏はシンガポール出身で、家族の信仰と伝統から、小さい頃からボラ ンティア活動をしていた。1980年代に中国に来てビジネスを始めた後もこの習慣を継続し、貧しい地域の学生が学業を続けられるように、経済的な援助をし ていた。朱氏は、学校に行けなくなった子供達に対する理解が深まるにつれ、就学の手助けをするというのは一時的な解決策でしかなく、その後にも解決しなけ ればならない問題がたくさんあると感じるようになった。例えば子供の心理的な問題だ。朱氏は子を持つ親として、子供の気持ちが理解できる。両親の生活が苦 しい場合、彼らはどうやって自尊心を保つことができるだろう?また、9年間の義務教育や高校を終えた後、大学に進学できなかった子供たちは学歴が低いため に良い仕事を見つけられず、故郷に帰って農業に従事することになった場合、朱氏の援助と子供が学んだ知識はそのまま無駄になってしまうのだろうか?どうし たら人々の愛情により持続的な効果を生み出すことができるだろうか?朱氏は、学業への支援を続ける以外にも、どうやったら子供達の両親、そして学業を修了 した子供達を助けられるかについて考えた。

この思いは、朱氏が中国の山村地域を訪ね歩くにつれ、益々深まっていった。2006年8月、河南省のエイズ村を訪問した際、朱氏とその友人は次のよ うな事実を発見した。当地のエイズ感染者は病気のため体の負担が大きい畑仕事はできず、生計をたてるために自家製の花火や爆竹を加工する危険な仕事をして いる。中には女性や子供もいて、病気による痛みのためすでに自分の命の危険も顧みず、家族のために少しでも稼ぎを多くしたいとだけ考えている。村では爆発 事故が頻発し、村民の中には爆発により外観を損なったり、両手に障害を生じたる人もいて、見るに耐えないほどだ。もしも村に手工芸の工房をつくって、村民 達が自分の技術を頼りに尊厳の有る生き方ができれば、彼らが貧困から抜け出す手助けをするだけでなく、彼らの命の安全も守ることができるのではないか?だ が、村民の技能が発揮できて市場と販路があるものといったら、どんな製品だろうか?

朱氏とその友人が中国西部を旅した際に気づいたことは、この地域は貧しく、貧困のため子供を学校に行かせられない家庭が多いにもかかわらず、美しい 風景と優れた民俗文化、そして豊富な特産品や民族の特色ある手工芸品があるということだった。ただ、貧しい僻地に隠れているために、このことは誰にも知ら れていない。もし貿易という形で、このような民間の宝を外の世界に知らせ、都市の人々の生活に取り入れることができれば、その地方の社会的弱者に収入をも たらし、民族文化を広く宣伝し、また得られた収入により貧しい地域の青少年の学業を援助することができる。これこそ「一挙多得」な素晴らしいことではない か?

そして2007年5月、生産・貿易・学業援助を一体化させ、中国の貧困地域の青少年の教育状況改善、そして都市と農村の社会的弱者に就業の機会を提供するための社会的企業が誕生した。

欣耕プロジェクト:

欣耕の製品には、二つの調達ルートがある。一つは、エイズ村のように病気が原因で貧困にあえぐ河南省の農村のために、都市部のデザイナーがサンプル を設計し、作り方を当地の女性に伝授した上で、彼女たちが製品を作るというものだ。もう一つは、情報網の未発達や交通の不便、不十分な営業手段等の理由で 外の世界に知られていない辺ぴな地域の民族色豊かな製品(例えば内蒙古の高級ラクダ毛の掛け布団)を当地の工場で生産し、欣耕が宣伝と営業活動を担当する というものだ。これらが欣耕の2大プロジェクトを構成しており、プロジェクトから得た利益は、給料の支払、組織の経営・発展の維持に当てる以外は、全て学 業の助成に利用している。

chopstick1cussion 1
生産:欣耕は、中国の農村・都市部で、貧困、病気、障害等により生活の糧を失った人々に就業の機会を提供している。欣耕が設計した手工芸品を生産し、彼らが自分の手を使って懸命に働くことを応援することにより、自らを助け貧困生活状態を変える。

leaves2leaf2

貿易:欣耕は、中国の農村・都市部の貧困、病気、障害等による社会的弱者、およびその他の非営利団体が生産した 商品に対し、展示・販売の場を提供する。実用的かつ美しい工芸品が大衆の日常生活に取り入れられるよう、また人々の文化に対する関心を促し、社会的弱者が 貧困から抜けだす手助けをする。
Chinese knot3rosering3
就学支援:欣耕の経営により得られた所得は、組織の日常的な経営と発展を維持するため、そして貧しい人々の生活を改善 するためにあてる以外には、全て欣耕教育基金の設立のために使用し、貧困地域の品行・学力ともに優れている青少年が学業を修めるために資金的援助を行う。 同時に、社会全般と貧困学生との架け橋となり、一般からの寄付を学生たちに提供する。

ClothBag3

ネズミ年の切紙細工をデザインしたエコバッグ。普段使いに適している。
欣耕の特色:

環境に優しい材料と手工芸品の製作

欣耕の製品の原料は、手織り木綿、竹、泥人形用の土、綿紐、ソバガラ、カシミヤ、ラクダ毛等、すべて環境に優しい材料を選んでいる。製品は、全て貧 困地域の女性により一針一糸ずつ縫製し、非常に手が込んでいる。例えばカジュアル・エコバッグは、綿や麻等の天然生地を使って作られており、バッグは折り たたんで、繰り返し使用できるため、都市住民の普段使いに適している。欣耕のアイディアとは、バッグの生地に団体のロゴを印刷できるようにしたことだ。会 議やセミナーを開催する機関は、その団体のロゴを印刷したエコバッグを紙袋の代わりに使い、会議用の資料や文房具を入れることができる。

ShanxiLuochuanTiger4Tiger pillow 4

中国の民間文化および現代デザイン

欣耕の製品が与える第一印象は、「中国の伝統文化」である。例えば、中国古来の文化である陝西洛川虎布軟彫(虎の布人形)、泥人形、年画(旧正月に 掛ける絵)、皮影(影絵芝居に使う皮で作った人形)等だ。第二印象は、現代的なデザイン。例えば、中国結(紐工芸)とチベットの香を融合した中国結香袋 (匂い袋)、手織りの印花布のマウスパッドや箸入れ、中国の農村風情に満ちた寝具用品などだ。欣耕の考え方は、大衆の生活必需品の中に、できるだけ中国の 伝統文化を融合し、都市部の若者の中国伝統文化に対する認識と愛好を促し、伝統文化の維持に貢献する。

chopsticks 5purse 5

欣耕は、新しく創立された社会的企業で、明確な目標をもち、結束したチームから成る。創立初期には資金不足の問題は避けることができないが、同じ信 念を持つ友人からの資金援助の他には、必要な資金は製品の販売から得た収入に頼っている。資金の他に重要な問題は、デザイナーからのサポートが必要だとい うことだ。欣耕の製品は、数量ではなく品質に重きをおき、製品は全て手作りなため生産量が少なく、全て限定版と言えるため、生産量では工場型の生産方法と は比較できない。欣耕は、慈善・公益という特色には頼らず、いつも新しいデザインと風格を生み出すことで顧客を引きつけようと考えている。例えば、図中に ある携帯に便利な箸入れはそのシンプルなデザインが魅力で、小さな手織り木綿布でできているため折りたたみやすく、箸、スプーン、楊枝、ハンカチなどの食 事用具を入れることができ、スペース節約型で見た目もよい。作り方はとても簡単なため、デザインの盗作と擬似製品の大量生産をどのようにして防止するか、 という問題に直面している。これに関する欣耕の考え方は、できるだけ盗作されにくいデザインの製品をつくる、または盗作されてもコストが高いために大量生 産の工場では作りたがらない製品を生産する、ということだ。

朱氏は、自分は実在的な人間なので、将来について特に計画はなく、現在歩んでいる道を一歩一歩着実に進むことが欣耕の将来の発展にとってより良いと 考えている。プランはなくても彼には夢があり、欣耕の創立は元々この夢から始まったのだ。彼は、欣耕が社会的弱者を助け、彼らが楽しく仕事・生活ができる ことを願っており、これが「欣耕」の名前に含まれている意味でもある。(訳注:「欣」は楽しく、「耕」は、懸命に働くこと。)

文責:朱征  翻訳:A.K

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY