勉強会と交流会 人気記事

NEW ACTIVITIES

  • 最新活動報告

PROJECT

1.環境

2.災害

3.高齢社会

4.その他

INNOVATOR

  • イノベーター記事一覧
  • NPO法人日本エコツーリズムセンター
  • 一般社団法人RQ災害教育センター
2010/10/18 by Matsue

【11月5日】クリエイティブ経済、連帯経済および未来―ララさん講演会

=====================================
クリエイティブ経済、連帯経済および未来--ララさん講演会
~日中市民社会ネットワークとエンパブリックによる協働企画~
=====================================
【クリエイティブ経済への注目】
有形の物的資源を通じて生活が構成されてきた時代に別れを告げ、われわれは無形の非物的資源に焦点を当てた時代に移行しようとしている。その証拠として、世界で最も価値のある企業がグーグルであり、商品価格の75%が無形の付加価値であるという事実がある。土地や金(きん)、そして石油が有限であり、弾力性がないことから競争を生むのに対し、知識や文化そしてクリエイティビティは無限で弾力性がある。後者は枯渇しないだけでなく、自己更新して使用により増殖する。公共部門およびNPOやNGOなどの民間部門のリーダーはクリエイティブな企業家とともに、この時代の変化とそれがもたらす莫大な潜在力を意識し、これを活用するための実践と政策を確実に推進する必要がある。
クリエイティブ経済は現在も構築が続いている新しいコンセプトであり、その意味は当初英国で提唱された「クリエイティブ産業」から発展し、文化およびクリエイティビティが原材料となる活動を幅広く表現している。国連によると、クリエイティブ経済はすでに世界総生産の10%を構成している。経済・社会・環境および文化という、持続可能性の4つの分野全てにおいて役割を果たしていることから、経済的側面のみならず、団結や社会変革のための要素として、また持続可能な環境、地域社会と企業の価値や信頼性を強化するものとしての機能も期待されている。クリエイティブ経済は連帯経済とともに、21世紀における主要開発戦略の一つであるとみなされている。
このたび私たちはブラジルからララ・デ・エインゼリンさんをお招きし、彼女が中心となって提唱するクリエイティブ経済に関する講演会を開催することとなった。

【ララさんのプロフィール】


ララさんはコンサル企業「エントゥジアスモ・クートゥラウ」オーナーで、国連南南協力特別ユニットにおけるクリエイティブ経済プログラム上級アドバイザーとして中南米や中国など世界各地で、UNESCOやAECID(スペイン国際開発協力機構)などにおける国際アドバイザーを担当し、クリエ・フトゥーロス(未来を作ろう)運動(http://www.criefuturos.com )の創始者かつコーディネーターとして、望ましい未来の構築のための展望および方法論を模索する運動を展開中で、ブラジルにおいて国連大学ミレニアム計画の実施も担当。また、コンサル活動に加え、女優として複数の映画に出演したり、2008年6月に開催されたブラジル日本人移民100周年記念祭に映像監督として参加したりするなど、多分野においてその能力を発揮中。

【案内人廣田裕之プロフィール】
(ひろた やすゆき)1976年福岡県生まれ。1999年より地域通貨関係の研究に従事し、その後連帯経済にも取り組み始める。地域通貨に関して日本、韓国、台湾、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド、米国、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、フランス、スペイン、ポルトガルで講演を実施。著書「パン屋のお金とカジノのお金はどう違う?」(オーエス出版、2001)、「地域通貨入門 ~ 持続可能な社会を目指して」(アルテ、2005年)、「シルビオ・ゲゼル入門」(アルテ、2009年)。英語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語に堪能で、ドイツ語や韓国語もある程度理解可能。ウェブサイト: http://www.olccjp.net/

【討論会コーディネーター広石拓司プロフィール】
(ひろいし たくじ)株式会社エンパブリック 代表取締役。2001年よりNPO法人ETIC.にて、若手社会起業家の育成に取り組む。社会起業プランニング・ワークショップの受講者は全国で2000名以上になる。2008年、株式会社エンパブリックを設立。ワークショップ・デザイン、ファシリテーションなど、社会的事業の立上げ、発展の基盤となるコミュニティの開発・運営に関するプログラムの開発、場づくりトレーニング講座などを提供している。慶應義塾大学SFC総合政策学部非常勤講師(社会起業)、立教大学21世紀社会デザイン研究科兼任講師。twitter@Empublic

【講演会日時】 2010年11月5日(金)19:00~21:30 (18:40~入場可能)
【場所】 駒澤大学大学会館246 7階会議室
【行き方】 田園都市線「駒沢大学駅」で下車し、「駒澤大学/駒沢公園」方面出口(「公園口」)から出てそのまま5分ほど歩いたところに、左手に「駒澤大学大学会館246」が見えます。地図は以下にあります。http://www.komazawa-u.ac.jp/cms/campus/c_komazawa

【費用】 参加費 2500円(学生は1000円)(資料費と軽食費込み)
【プログラム】
19:00-20:10 ララさん講演会「クリエイティブ経済、そのチャンスと将来」
(逐次通訳有り)
20:10-20:20 休憩(おにぎりやサンドイッチを用意する予定)
20:20-20:40 案内人と解説者廣田裕之による解説「連帯経済: 持続可能性に向
けた新規モデル」
20:40-21:30 会場討論と質疑応答(コーディネーター:エンパブリック主宰
広石拓司)

【申し込み方法】参加希望者は以下のフォームをお使いになって、下記のメールに送信してください。eventcsnet@gmail.com (日中市民社会ネットワーク)まで。
===================================
お名前
ご所属
ご連絡先
講演会のテーマに関連して、特にご興味のあることがあれば、是非お願いします

===================================
【主催団体の情報】
日中市民社会ネットワーク(CSネット)http://csnet.asia
(株)エンパブリックhttp://empublic.jp/

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY