2014/12/26 by Tanada

ある芸術家の環境保護宗教

 袁熙坤は中国の著名な彫刻家、絵画芸術家です。彼は人々の環境意識が高まる事を望んで、環境変化に関することをテーマとした多くの彫刻、絵画作品を創りました。

20141226-01

北京の朝陽公園1号門内の水碓湖湖畔に、一層または二層のピラミッドの頂上部分を模して作られた赤色の建築物群があります。これらの外観は不揃いですが、優美な五壇形をしています。周りは静かな林で、その中にガンジー、リンカーンなどの各国の国際的な著名人の彫像があります。ここは、袁煕坤の金台芸術館です。

芸術館正門前のポールには旗が掲げられていますが、薄暗い空とあたかも一体化しているようで、古さを表しています。

思いがけないことに、空気汚染についての話が始まるとすぐに、この80歳過ぎの老先生はありのままに告げました。「10数年前に金台芸術を開館した時、私は灰色の生地で旗を作ったのだ!」

袁熙坤は著名な彫刻と絵画の芸術家で、環境保護に影響力がある多くの作品を創りました。彼は資金を集めて「金台芸術館」を1997年6月30日、正式に開館しました。当時は国内最大の民間美術館で、現在も対外文化交流の窓口のひとつとなっています。

環境汚染が激化する今、灰色の布で旗を作りそれを綺麗に洗うことで、袁熙坤は北京の空気の品質を「展望」しようと考えています。

理念:環境保護は最大の宗教

雲南で成長した袁煕坤は、幼い頃から自然と動物が特に好きで、その芸術の道は、動物の絵を描くことから始まりました。文化大革命の時代、彼はかつて中国西南の国境で5年間、ロビンソン・クルーソーのような生活を送り、野生動物の近くで過ごしました。今のところ、彼は動物の画集と技法書を中国で最も多く出版した画家であり、初めての刊行物となった動物スケッチは1979年に出版されました。

彼は言います。自然は大切にされる事を求めており、宗教のように信仰心あつく対峙する必要がある、と。中国の環境悪化の現実に直面し、彼は普通の人よりも深く心を痛めています。

特にここ10年は、中国の環境状況はますます悪くなり、環境に関する騒動が頻発しています。だんだんと人々の記憶から消えている2004年の四川沱江の大規模水汚染問題、2007年一夜にして突発した太湖藍藻危機、また2009年全国的に血液から基準値を超える鉛が検出されて起きた報道騒動、さらにはここ2年で頻繁にインターネットで取り上げられている、狂ったような水力発電、クロムスラグ汚染、癌の村、PX反対運動(パラキシレン工場建設反対運動)等々、多くの問題が挙げられます。

周りに秘密が漏れる環境保護の現状について、環境保護部副部長周健氏がメディアの取材に対して言うには、中国は現在の環境保護への投資が不足しているとのことです。例えば、企業の環境保護への投資は経営への投資の2~3%を占めるに過ぎません(本来なら5~7%を占めるべきです)。

しかし、袁煕坤からすると、投資額の少なさはこの問題の核心ではありません。環境保護の問題はなぜ難しいのか。それは多くの人が行っているのはパフォーマンスで、本当に自然が必要としている事をしていないからです。彼の芸術は自然に由来するものであり、そのために深く感銘を受けるのです。「一切の芸術、宗教、全て自然に付属するものなのです」。彼は「政治家達が競い合って生態環境と審美理念を『精算済み』にしようとしていること」を望みません。

20141226-02

彼はテン池の例を挙げます。20世紀末、テン池の汚染は深刻でした。雲南省テン池管理計画は世界銀行にローンを申請しました。袁煕坤はその為に奔走し、そして世界銀行環境保護官吏の張崇華にこの計画を紹介しました。そして世界銀行はテン池の整備費用として2億ドルを貸し出しました。しかし、2億ドルを使い終わってからも、テン池は昔の姿のままでした。

雲南NGO「エコ流域」の責任者于暁剛は中外対話でこう告げました。彼はここ数年、この案件の調査をしていました。彼が言うには、世界銀行が雲南省にテン池の整備費用を貸してくれたにも関わらず、このようなことになっている。しかし整備に充てられた金額は多くはありませんでした。貸付金の行方について、実際に審査があったので、世界銀行はこの貸付金が全ては整備に充てられなかった事を知っているのです。しかし世界銀行の名声が傷つけられることを恐れて、公表も追及もしなかったのです。「このお金は」于暁剛氏が言うには、「どこに使われたか論じられないまま、中国政府が世界銀行に返してしまったのだ」

于暁剛氏が言うには、近々雲南テン池計画はまた200億元を投じて整備されます。彼は、納税者のお金を使うからには、金銭の行方を社会に公表し、大衆に説明する以上、この計画に相応しいより良い社会の監督を受けることを望んでいます。

このような状況は、中国では珍しい事ではありません。しかしこのように追及することができないどんぶり勘定を除いて、袁熙坤が更に心配しているのは「官僚が環境保護を人質に取ること」――彼が言うには「ある官僚が常に水質汚染について言っていたが、専ら金を得るために過ぎない。環境保護を一種のビジネスとしている。自然への恩返しをせず、環境保護を利用しているのです」

彼が言うには、環境汚染は「現世だけの報い」ではなく、何世代にも影響します。「我々の地球は親世代から受け継いでくるのではなく、子孫に借りているのです。我々は子孫に一面の砂漠、1つのゴミ山、見渡す限りの水を残してはならないのです。」この言葉は、袁熙坤が環境保護に対して貫いている初志です。それゆえに、袁熙坤は中国の現状に対し非常に心を痛めているのです。彼は机を強く叩き言うのです、「汚職官僚達が国民生活を語るときはいつもこうだ。環境保護は最大の国民生活である!環境保護は最大の宗教である!」

袁煕坤は「反自然罪」の設定を提唱します。人類は進化を遂げて今に至っている数多くの種類の中のただの一種に過ぎません。しかし、自らを万物の霊長だと過大評価し、その最高罪の名は「反人類罪」です。彼は言います。「自然が最上位であるからこそ、自然の規則に違反するいかなる行為も、全て反自然罪とするべきだ。人類がこの一点を受け継ぐことを知ってさえいれば、環境保護は真に希望があると言える」

 行動:芸術で意識を目覚めさせる

環境保護芸術家として、袁熙坤が接触した国際的有名人はとても多いです。彼はかつて152名ほどの国際的な政界の要人に水墨肖像画を描きました。そして、これらの機会を利用し、彼の環境保護理念を広く宣伝したのです。

サッカー選手のマラドーナはかつて袁熙坤に自分の彫像を創ってほしいと依頼したのですが、その際、袁熙坤はマラドーナに環境保護をするよう働きかけました。彼はchina dialogueの対話にて当時の背景をこのように語っています。「 『マラドーナ、君も私を助けてほしい。PM2.5は、髪の毛の直径20分の1ほどの大きさで…』と私が言うと、彼はやや面倒くさくなって電話を切ろうとしたため、私は『マラドーナ怒らないでほしい、君の肺活量は私に比べてずっと大きいんだからね』」と語ったところで、二人は笑い始めました。

彼が創作した環境保護がテーマの彫刻≪極地の急ぎ:北極熊≫と≪森林の守り神:虎≫ミニチュア版は、国連環境計画部の2009年、2010年度「地球保護者賞」のチャンピオンに選定されました。2009年、≪極地の急ぎ:北極熊≫の彫刻はケニアのナイロビにある国連環境計画部本部に常設されています。

国連オゾン層保護の「エコアクション」の招待を受け、彼はまた中国の神話に登場する女娲をイメージし、“女娲、天を補う”の彫刻を創りました。その後、「エコアクション」のテーマ彫刻に選ばれました。彫刻の女娲が手に抱えている補天石は、五大陸の土と水で作られたもので、世界人民の環境保護に対する関心を表現しています。

同時に、彼も中国国内でいわゆる“水保護アクション”等の環境保護を提唱する活動を発足しました。2009年3月から現在に至るまで、袁熙坤は約1000万元の原稿料を環境保護の公益広告に費やしています。現在、北京、上海、広州等、全国60以上の都市の1000以上のバス停に≪極地の急ぎ:北極熊≫、≪森林の守り神:虎≫、≪女娲、天を補う≫、≪バケツ一杯の水で洗車する≫等の公益広告が掲載されています。

政治協商会議常務委員として、彼はかつて何度も環境保護に関する議案を出しました。第11回政協会議(2008年-2012年)だけでも、袁熙坤は環境保護と資源節約をテーマとした内容の11件の議案を出しました。それは、自動車に関する新エネルギー技術、アムールトラの保護、古木の移植の抑制、長江魚類の保護、飲用水レベルを規範に合わせる等のテーマとしたものです。今年の両会にて、彼は議案を提出し、まずは公務員から象牙製品消費を禁止するよう呼びかけました。

ある時、彼はまた直接環境に有害な行為に干渉することもありました。2012年、北京CBDの五つ星ホテルである昆侖飯店が虎骨製品を販売していた時は、袁熙坤は森林警察に差し押さえをお願いしています。

袁熙坤にとって、心の問題や意識の問題を解決することは、環境保護の最も根本的な道です。“反自然罪”同様、人類がいったん問題提起すると、自然環境の重要性は違うものとなります。彼は芸術の感性を表現手段にすることで、人の魂を刺激し、人々の観念と意識を変化させることを希望しています。

執筆者  張春
執筆者所属 中外対話(china dialogue)  https://www.chinadialogue.net/
翻訳と校正 翻訳:市橋美穂、山原由美子 校正:棚田由紀子
メディア

NGO发展交流网

http://www.ngocn.net/?action-viewnews-itemid-91179

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY