2014/03/20 by Tanada

汶川地震 ~5年後の今~ (その2)映秀【前編】

第二回:温かい街 映秀

20140320-6

川向うに映秀の新しい街を望む

被害の現状:全鎮の人口16,000人余りのうち、死者6,566人 全鎮が廃墟と化した  直接経済損失は45.19億元に達する

復興部局は20億元の資金を投入し、震源地に現代耐震技術を施した博物館を建設

復興支援都市:広東省東莞市

20140320-7

緑の中の映秀

映秀が都江堰とこんなに近いとは思わなかった。

都江堰のバスターミナルから出発して、ものの15分で紫坪鋪ダムに着いた。かつて2008年に、成都平原の人々にとって頭上の鋭い剣だったダムである。壮観で、静かで、バスの人々は皆それぞれにカメラを構えていた。川岸の山には、今もあの時に地震がもたらした傷跡―何本もの細長い土石流の跡が水面まで見えている。紫坪鋪トンネルを過ぎると、すぐに川岸の美しく新しい街が見えた。もし道路脇のがけ崩れがなければ、この美しいチャン族の村が、地震で壊滅的な被害を受けた映秀鎮だとは信じられないであろう。

20140320-8

20140320-9

20140320-10

20140320-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映秀の住宅地(写真左上、右上)、映秀の莞香広場(写真左下)、映秀の最新の仮設住宅(写真右下)

岷江を隔てて、青い瓦に白い壁のチャン族式の住居が整然と川沿いに並んでいる。住居の前には大河、後ろに緑の山を背景とする風景に、思わず「美しい」とため息が出る。

ブ ン川方面に走るバスは、大愛路口で停まった。バスを降りるなり「泊まるかい?」と口にする人々に囲まれる。これは供給過剰であることを示している。見る と、ここのほとんどすべての家には「宿泊」の看板が出ている。100mほどの道の家々の前には、土産物を売る屋台が並び、それらのほとんどは、成都の蓮花 池卸売市場から持って来た牛の角製の櫛、数珠、ポシェットなどで、この当地の特産物を置いてあるところは少ない。道沿いの宿泊所は、賢く「郷土の味」との 看板を掲げている。実際のところ、このあたりの郷土料理は、飲食や娯楽を重視する四川人にしてみれば、人前に出せるようなものではないのだが。

20140320-12

みな観光業をやっている映秀の街

この町は、当初「安全な住居」と銘打った街であった。それが、この美しい小さな町が、2度も再興を余儀なくされるとはだれが想像しただろう。2010年8月14日の土石流は、この再興したばかりの美しい街を再度押し流し、700戸余りの住居が失われた。当時、多くの専門家は、この土地は人が居住するに適しないと批評したものだ。しかし、2年が経ち、土石流の跡はほぼ見られない。この町が遭遇した事態を耳にして、こんな言い方をする人もいる。「災害が来るたびに、街がきれいになっていく」と。

この、現在は5,6千人の人口の小さな街の最大の見どころは、漩口中学の遺構である。ここは、ブン川地震1周年の際に、国家のリーダーたちが集まっ た追悼式典の会場となった。これは異例なことで、「国を挙げての追悼」を行った唯一の地である。この学校はもともとブン川県漩口鎮にあり、2004年の紫 坪鋪ダムの改修によって、2006年に漩口鎮から移転し、映秀鎮の映秀中学と合併した。合併後は、ずっと漩口中学の名前を使っている。漩口中学は、地震前 は全校生徒1527名、教師133名であったが、地震で併せて55名が死亡した。中学校の真ん中には四川大地震の記念時計があり、この崩れて横たわる時計 は、常に2時28分を指している。左側には四川大地震記念の壁となっており、これは国家の名義で立てられたものだ。ガイドたちは忙しく、ツアー客たちに繰 り返す。「このような碑は中国でも最高レベルのものです。現在まで、国家級の碑は2つしかありません。一つは人民英雄記念碑で、もう一つがこの記念の壁で す。」チャン族の衣装を着た若いガイドたちはよくこのように質問される。「あなたたち、チャン族?どうして標準語がこんなに上手なの?」無邪気な質問なの だが、少数民族の衣装を着た漢族のガイドにとってこのような質問はとても気まずいものだ。うわべだけをとりつくろって、この観光地で、何とか飯の種を稼い でいるのは分かり切った事実なのである。

20140320-13映秀漩口中学の遺構

20140320-14 貝律銘氏デザインの青少年アクティビティセンターの中

20140320-15何鏡堂氏デザインの地震博物館入口

20140320-16 映秀の四川大地震共同墓地

 20140320-17映秀の共同墓地記念石

 20140320-18共同墓地へ続く階段(映秀)

(後編へつづく)

執筆者  谭斯颖
執筆者所属  
翻訳と校正 翻訳:三津間由佳、校正:棚田由紀子
メディア 中国发展简报,NGO新闻报道

http://www.cdb.org.cn/newsview.php?id=7418

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY