2014/03/20 by Tanada

三江源の研修生:荒野で過ごした青春【前編】

20140320-2

チベット族の海外留学帰国者、生粋の広東っ子、還俗(いったん出家した者が再び俗人に戻ること)した元僧侶。。。2012年、このような6名の青年が研修を経て、平均海抜4,000メートルの三江源の荒野に到着した。彼らは、偏見を持たずに三江源を理解するとともに、自らの実践により現地の保護活動を支援しなければならない。

[訳注:三江源とは、揚子江、黄河、瀾滄江(メコン川上流の中国での呼び名)の三つの川の源となっている高原]

1年間の駐在後に現地に残ったのは、謝暁玲さんと丹増達吉さん、そして才譲本さんだけだった。

三人は、環境保護団体である山水自然保護センターの第2次三江源研修生で、中国西部の環境保護に携わる青年育成計画によるものだ。これまで既に18名を超えるチベット族と漢民族の青年が研修を受け、三江源の保護活動に参加している。

20140320-3

謝暁玲さん:チベット族の女性が保護活動への第一歩を踏み出す

自ら「ソラ」という ニックネームを名乗っているが、謝暁玲さんは生粋の広東っ子だ。2010年に大学を卒業した彼女は、実家から遠く離れて中国西部のコミュニティー保護活動に従事することを選んだ。2012年、謝さんは山水三江源の研修プログラムへの参加を申請し、1年間の研修生生活を開始した。

2012年11月、謝さんは山水の同僚とともに三江源の雲塔村三社に着き、若いチベット族の自宅に住み込んだ。この家族の女主の藏永措さんは、双子の女の子のいる27歳の若い母親だ。

謝さんは、住み始めてまもなく、チベット族の女性が家庭でこなす仕事は相当大変であることを知った。例えば藏さんは、夜明け前に起きて家事をし始め、具合が悪い時でも頑張って仕事を続けなければならない。

「私は三江源滞在中、多くの家庭を訪問しましたが、すべて藏さんがバイクで連れて行ってくれました。最初は何とも思っていませんでしたが、その後あるチベット族の友人から、藏さんと一緒に外出するときには旦那さんに言ってから出たほうが良いと指摘されました。その時は驚きましたが、後で考えてみて納得しました。チベット族の女性が外出してしまったら、家の中の様々な仕事は誰がするのでしょうか?中国の多くの伝統的なコミュニティーで女性が受ける制約は多く、チベットも例外ではありません」。開放的な気風の広東地域で育った謝さんは、行動に出ることにした。

謝さんは、雲塔三社で生活するうちに、村が深刻なゴミ問題に悩んでいることを知った。牛や羊がゴミを食べて病気になったり死んだりしており、村民はゴミ問題を解決したいと願っていた。このため謝さんは、現地のチベット族の女性によるゴミ分別処理活動を推進し始めた。「チベット族の家庭では多くの労働が女性によって行われています。ゴミ分別方法を男性に教えても余り効果はないかも知れないと思い、女性に教えようと考えたのです」。準備段階を終えると、謝さんは村で女性にゴミ分別の方法を教えるセミナーを実施しました。今回のセミナーでは、「藏さんが皆の前で模範を示し、正しいゴミの分別方法を皆に伝えました。彼女はまだためらいがちで、ゴミを正しい捨て場所に置いて、どのように分類するかを伝えただけでしたが、勇敢に第一歩を踏み出したと言えると思います」。

良好な習慣はすぐにつくられるものではなく、長期的な広報がなければ定着させることはできない。謝さんは藏さんにゴミ処理担当女性チームの結成を推進してほしいと思ったが、藏さんは再三躊躇した。それは夫が気を悪くするのではないかと心配したからだ。

だが転機はすぐに訪れた。「ある日、藏さんは私に『ソラさん、女性を何人か集めて一緒にゴミ処理の活動をしましょう』と言ってきたのです。私はとても驚くと共に非常に嬉しく思いました。私が彼女にやってほしいと強く願っていたことを突如として申し出てくれたからです。しかし私は高ぶる感情を押さえて、『当文さん(藏さんの夫)は賛成してくれましたか。』と聞いた。彼女は、『大丈夫、ソラさんから夫に言ってくれれば大丈夫です。』そこで私が藏さんの夫に聞いたところ、少しチベットなまりの北京語で『もちろんです。女性たちに任せればよいでしょう。私達は干渉しませんよ』と答えました」。

その後の数日間に藏さんは5人の女性を動員し、チームを結成した。最初は村でゴミ分別についての広報を行い、次第に村の公共問題の議論に参加するようになった。彼女らはまだためらいがちだったが、大切な第一歩を踏み出したのだった。

この1年間の作業について、謝さんは次のように説明する。「現在、女性チームによる活動期間はまだあまり長くありませんが、彼女たちにとってはかなめとなる第一歩です。今後、ゴミの分別において成功できるかどうかは、肝心なことではありません。継続していければ、彼女たちは他のチベット族の女性にはないチャンスが得られ、他の皆とは違う事ができるからです」。

(後編へつづく)

執筆者
執筆者所属
翻訳と校正 翻訳:川口晶子、校正:山原由美子
メディア 腾讯公益 [微博]http://gongyi.qq.com/a/20131216/013097_all.htm

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY