2013/11/16 by Tanada

第2回中国慈善プロジェクト交流展示会に参加--JICA中国事務所 NGO-JICAジャパンデスク ニュースレター より

「慈善、中国をもっと美しく」をテーマとする第2回中国公益慈善プロジェクト交流展示会(以下「慈展会」) が9月21~ 23日、深センコンベンションセンターで開催されました。3日間の日程で開かれた同展示会には中国の3 1省( 自治区・直轄市) および香港・マカオ・台湾地区から計828機関が出展し、災害救助、社会組織、企業の社会的責任と基金会、国際協力と香港・マカオ・台湾、慈善の街、慈善イノベーション、公益体験、エコ公益の8つの個性豊かなテーマエリアで交流や展示、情報交換を行いました。JICA中国事務所も展示会場の国際協力エリアにブースを設けました。

20131115-1主催側の統計によると、3日間の会期中、延べ14万人が見学に訪れ、現場で成約された重大プロジェクトは50件、成約額は17億800万元以上に上りました。このほか、展示会では12の学術シンポジウム、50の公益サロン、36の体験イベントが催され、中国における公益事業の最前線の情報が発せられる場となりました。公益慈善事業に従事する各方面の関係者が中国各地から一堂に会し、参加者が親密にふれあう機会が持てる慈展会は、中国の慈善活動家が家族のように団欒する年に一度の集まりとなりました。

JICAは国際協力エリアに設置したブースで、日中両国の環境保全や弱者層支援、医療保健などの分野で長年にわたり展開してきたさまざまな事業の写真、映像資料を展示し、多くの来場者が足を止めて見入っていました。

20131115-2

会期中は、「JICAが中国で展開する草の根技術協力事業成果発表会」も開催し、全国各地のNGO関係者20人余りと共に、草の根技術協力事業がこの12年間中国で収めた成果と日中のNGO協力に関する経験を紹介。それぞれ関心のある分野における日中協力の将来性について考えを述べました。

慈展会は、中国各地の慈善・公益事業の成果を展示し、慈善・公益事業をめぐる情報交換の場を築き、慈善・公益人材の交流と協力を後押しし、慈善・公益事業に有利な環境をつくることで、慈善・公益組織の健全な発展を推進し、慈善・公益事業の典型例の表彰により慈善・公益文化を広め、中国の慈善・公益事業の行方を占う風向計となることが目的です。

お問合せ先

NGO-JICA ジャパンデスク担当者: 周 迎( jicacn-partners@jica.go.jp) まで

JICA中国事務所HP: http://www.jica.go.jp/china/office/index.html

JICA-NGO デスク:http://www.jica.go.jp/china/office/about/ngodesk/index.html

JICA 中国事務所ミニブログ: 日本国际协力机构( http://weibo.com/u/3248071500)

★JICA中国事務所 NGO-JICAジャパンデスク ニュースレター Vol.30 より転載

<ニュースレター バックナンバー>

http://www.jica.go.jp/china/office/others/ngo_news/index.html

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY