2013/10/31 by Tanada

政府の会議室でコーヒーを(前編)

序:“ワールド・カフェ”の活用の場は、公益分野内での相互交流だけに留まらない。より多くの人が“ワールド・カフェ”の手法を用いて政府との意思疎通を図るようになり、また政府組織側がこの斬新な手法を取り入れて業務の促進を図るケースも出てきている。

 20131031-2

本紙記者が以前、中国公益慈善プロジェクト交流展示会(深圳慈展会)において300人以上が参加した“ワールド・カフェ”について報じたが、現在その理念にはより多くの価値と意義が見出されている。

20131031-3

ワールド・カフェを織りなす7つの原則

1.方向性を定める

2.快適でホスピタリティ溢れる空間を創出する

3.重要な論点を探求する

4.参加者全員の貢献を促す

5.多様な視点をつなげる

6.それぞれの見解に耳を傾ける

7.新しい発見・収穫を共有する

第1回深圳慈展会では300人が円卓を囲んで語り合ったが、公益分野に関わる人々はそれを大いに堪能して見聞を広め、“ワールド・カフェ”の理念を知ったのであった。その後、“ワールド・カフェ”は公益分野内での相互交流だけに留まらず、より多くの人が“ワールド・カフェ”の手法を用いて政府との意思疎通を図るようになり、また政府組織側がこの斬新な手法を取り入れて業務の促進を図るケースも出てきている。

この“ワールド・カフェ”という外来の理念は、中国でローカライズされる際に新しい使命を持つようになったのである。

政府に提出した書類の表現がいまひとつだと思った時、政策や法規が柔軟性に欠けると思った時、また社会組織と政府の間により密接な意思疎通が必要だと感じた時には、政府の会議室を即席のカフェにしてみるのはいかがだろうか。

腰を下ろしてコーヒーを

5月のある日、暖かな日差しが降り注ぐ上海では、虹口区政府の会議室が即席の“カフェ”に様変わりしていた。100名余りの区党委員会の指導者、政府機関の幹部、企業の職員や社会組織のメンバーらがコーヒーテーブルを囲んで座り、面と向かって語り合っていた。それぞれのテーブルでは“テーブルリーダー”を1名選び、主催者側が用意したテディベアを発言者の前に置いて、残りの人が発言に真剣に耳を傾けるようにする;テーブルの各メンバーは発言を聴きながら専用のカードに疑問点やキーワードを書き留める;発言が終わったら“テーブルリーダー”はカードをとりまとめ、順々に演壇に上がって討論の成果を発表する、といった流れだ。

これは、上海虹口区社会組織サービスセンター(以下、センター)が開催する既に4度目の“虹口公益ワールド・カフェ”討論会であり、今回のテーマは“政府機能の転換と社会組織の参画”だ。

政府庁舎に“カフェ”を持ってくる、このような非常に新しい方法も、初めて提案した時には伝統という壁にぶつかった。「初めは理解されず、なんでコーヒーなんかを飲むのだ、とみなさんおっしゃっていた。その後我々が詳しく説明し、これまで実施してきた形式やその効果をお見せすると、政府部門の指導者もこれはとても斬新だと関心を示し、試しにやってみようということになった」。センター主任の柳眉秀氏は『公益時報』の記者に語った。

2011年に上海虹口区は1,000万元社会組織発展特別基金を立ち上げ、社会組織の育成を加速する一連の業務体系を確立し、社会組織とその発展を促進している。

巨額の資金を投入し始めたころは、政府も社会組織がそれを引き受けきれないことを心配していた。社会組織の中には草の根団体や創立間もない団体が多くを占めていたため能力があまり高くなく、プロジェクトを引き受けたとしてもどうすればよいのか、各方面でも懸念があった。「初めは社会組織が政府のプロジェクトを引き受けるのには多少の困難があったため、1,000万元の資金援助を始動すると同時に、センター内に社会組織インキュベーション実践基地を設け、社会組織の育成を図りつつ政府に社会組織の推薦を行った」。柳眉秀は言う。現在、虹口区では既に105の社会組織が135個の公益プロジェクトに申請をしている。

このような背景の下では、親密な意思疎通と協力がとりわけ重要になってくる。

「社会組織と政府間での意思疎通の機会が少なく、社会組織とりわけ草の根組織に対する政府の理解が非常に浅いという現状において、我々はどうするべきか。ひたすら会議を開くわけにもいかない、それだとあまりにも味気ないから」。柳眉秀はこう語る。

社会組織間、そして社会組織と政府の間によりよい交流の場を造り上げるために“ワールド・カフェ”の理念が導入され、インキュベーション実践基地内で最も人気を集める企画になったのである。

(後編に続く)

執筆者  
執筆者所属  
翻訳と校正 翻訳:深江亜由美 校正:棚田由紀子
メディア http://www.csrglobal.cn/detail.jsp?fid=310140

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY