2013/03/22 by yanyan

『中国の市民社会:動き出す草の根NGO』が日本NPO学会優秀賞を受賞!

CSネット代表のやんやんによる著作、『中国の市民社会:動き出す草の根NGO』(岩波新書、2012)が、このたび日本NPO学会優秀賞を受賞しました!これも日頃皆様の支えあってのことです。この場を借りて、深く感謝申し上げます。

まだお読みになっていない方は、ぜひ手に取っていただければと思います。

賞状

 

日本NPO学会は、 NPOに関する本格的な全国学会で、「NPO、NGO、ボランティア、フィランソロピーなど、民間非営利活動に関する研究および活動成果の発表と交流、教育の普及を行い、もって社会に貢献すること」(会則第2条)を目的として、1999年3月に設立されました。現在会員は1000名を超えています。

NPO学会賞は、「日本を中心に活動する研究者および実践家の行うNPO・NGO・ボランティアなどに関する研究および実践報告、海外の研究者および実践家が行う日本のNPO・NGO・ボランティアなどに関する研究および実践報告のうち、特に優れたものに対して「日本NPO学会賞」を授与し、一層の研鑚を奨励することを目的として」、2002年に初代会長の林雄二郎氏の寄付により創設された賞です。

CSネット代表のやんやんは、2002年に『ボランタリー活動の成立と展開:日本と中国のボランタリーセクターの論理と可能性』という著書を出版し、第1回NPO学会優秀賞を受賞しております。今回はちょうどあれから10年が経ち、第11回目のNPO学会優秀賞の受賞となりました。

中国の市民社会に注目することによって中国社会の変動を理解し、そして中国の市民社会を見ることによって、日本の市民社会を再考するという視点に対して、日本NPO学会として高く評価していることが伺えます。

CSネットは今後も、中国の市民社会への注目と関心を喚起し、日中間で共通の「市民的センス」をもったキーパーソンをつなげていき、「国家」という枠組みを超えた市民関係の構築に尽力していきたいと思います。ぜひ今後とも、皆様のお力添えをお願いします。

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY