2013/01/12 by yanyan

【1月26日】公開講座「難病(希少性・難治性疾患)と障害―中国の市民社会の取組」開催のお知らせ

立命館大学生存学研究センター特別招聘教授の長瀬先生より以下の公開講座開催の案内をいただきました。ご興味のある方は是非ご参加ください。

詳しくは、http://www.rease.e.u-tokyo.ac.jp/act/130126.htmlをご覧ください。

==============================

日時 2013年1月26日(土)午後1時―5時半 (開場 午後12時半)
会場 東京大学経済学研究科棟地下1階 第一教室

入場無料

テーマ「難病(希少性・難治性疾患)と障害―中国の市民社会の取組」

プログラム

13:00-13:10

代表者挨拶 松井彰彦

13:10-14:30

報告1 「中国の難病者(希少性・難治性疾患者)の現状」
Huang Rufang氏(China-Dolls Center for Rare Disorders)

14:30-14:40

休憩

14:40-16:00

報告2 「China-Dolls Center for Rare Disordersの活動」
Xiao Lei氏 (China-Dolls Center for Rare Disorders)

16:00-16:10

休憩

16:10-17:30

報告3 「障害と中国の市民社会」
Jiang Yitong氏(武漢大学公益発展法律研究センター)

*中日逐次通訳/文字通訳/手話通訳/磁気ループあり

車イスをご利用の方、介助者同伴の方、盲導犬同伴の方、点字レジュメ、拡大文字レジュメ、磁気ループをご利用の方は、お申し込みの際に登録フォームにてお知らせください。

お問合せ:rease@e.u-tokyo.ac.jp

参加お申し込み登録フォーム

=================================

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY