2012/09/24 by jixin

緊急地震速報の入手方法について―防災減災の基礎知識(2)

緊急地震速報は、平成19年10月1日から一般の皆様への提供を開始しました。 このページでは、緊急地震速報の主な入手方法について解説します。 

一般的な入手方法について

 

* テレビやラジオによる放送

平成19年10月1日から、準備の出来た放送局から順次、テレビ・ラジオにて緊急地震速報を放送しています。

 

* 日本放送協会(NHK)では、気象庁が一般向けの緊急地震速報(警報)を発表した際に、文字や音声などにより放送します。この放送は、全国のどの地域を対象とした緊急地震速報(警報)であっても、全国すべての地域で放送されます。

【参考】NHKのホームページ(緊急地震速報)

 

* 民間の放送局においても、準備が整ったところから、気象庁が一般向けの緊急地震速報(警報)を発表した際、当該放送局の放送エリアが対象地域である場合に、文字や音声などにより放送されます。 民間放送局の放送形式や内容、放送開始時期等については、各放送局にご確認ください。

【参考】社団法人日本民間放送連盟ホームページ(会員社放送局)

 

【注】5弱以上の震度を予想した場合に一般向けの緊急地震速報(警報)を発表しますが、もっと大きな震度が予想されたときだけ放送するところもあります。

【注】テレビ・ラジオでは、電源が切ってある場合、緊急地震速報は受信できません。

【注】テレビ・ラジオでは、緊急地震速報の報知音として、NHKのチャイム音を多くの放送局で使用しています。

緊急地震速報が放送されたことがすぐにわかるよう、NHKのチャイム音を試聴しておきましょう。

また、NHKラジオ第1放送では、毎週木曜日午前11時30分頃、リスナーの皆様に緊急地震速報が発表されたときのチャイム音を確認いただくための番組が放送されていますので、こちらも聴取してみましょう(番組内容の変更等で放送しない時もあります)。

 

* 防災行政無線による放送

平成19年10月1日以降、市区町村では、準備が整い次第、総務省消防庁による全国瞬時警報システム(J-ALERT)を用いた防災行政無線による放送が行われています。

放送実施の有無や放送基準、放送内容などの詳しいことは、お住まいの市区町村役場にお問い合わせください。

 

* 携帯電話による受信

携帯電話各社により、携帯電話への緊急地震速報の配信が行われています。

現在(平成22年8月25日)、携帯電話の同報機能を使用して緊急地震速報を配信しているのは、NTT ドコモ(平成19年12月より)、au(KDDI)(平成20年3月より)、ソフトバンク(平成22年8月より)の3社になります。 受信できる携帯電話のことや受信するための設定などの詳細については携帯電話各社へお問い合わせください。

 

気象庁ホームページにより転載

http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/eew_receive.html#yohou

原タイトル:緊急地震速報の入手方法について

 

This post is also available in: 簡体中国語

Facebook Twitter 微博

CATEGOLY